注意点は?

指輪文章やイラストなどを自由に彫れるレーザー刻印は、結婚指輪を製作する際によく利用されます。簡単な文章はもちろん、様々なイラストを描けるので、アイデア次第で世界でただ一組のオリジナル指輪を作れるのが魅力です。加工費用も簡単なものなら無料で行なっている宝飾メーカーもあるのですが、刻印を依頼する際に気をつけるべきポイントはあるのでしょうか。

まず注意するべきなのが、レーザー加工をそもそも行なっているかということです。レーザー加工を行なうには当然専用の機材や加工を行なうスタッフが必要なので、それらを用意していない宝飾メーカーではもちろん依頼できません。大手の宝飾メーカーの多くはレーザー加工を採用しているので、有名な店舗を利用すれば大抵は利用できるでしょうが、念のために確認しておくのをおすすめします。

次に気をつけたいのが、レーザー加工サービスを利用できるタイミングです。大抵は結婚指輪を購入するタイミングに限られており、後からの刻印の追加に対応していないお店もあります。もちろん一度加工してしまうと、元に戻すことはできないので、スペルミスなどのトラブルを起こさないよう、慎重に打ち合わせを重ねなければなりません。完成品が届けられるにはそれなりの時間も必要なので、結婚するまでの期間を考慮したうえで、きちんと加工プランについて打ち合わせをする時間を確保しましょう。