結婚指輪のデザイン

結婚指輪は基本的にはシンプルなデザインとなっています。日常的に身につける指輪なので、作業の邪魔にならないことも重要ですが、代わり映えのしないデザインになってしまい、個性に欠けると考える方も多いようです。そのため結婚指輪を販売している大手宝飾メーカーでは、オリジナルの刻印を行なうサービスを実施しています。パートナーの名前を刻むだけでなく、絵柄なども彫って世界に一組だけの結婚指輪を製作できます。昔は職人が手で彫っていた作業も、現在ではレーザー刻印が主流となっているようです。

パソコンレーザー刻印は、指輪にレーザーを照射することで、より細かい彫り加工を行なう特殊な技術です。これにより小さい指輪の中に複雑な模様を刻印できるようになり、よりオリジナリティの高い結婚指輪を製作できます。デザインパターンも自由に選択することができ、名前だけのシンプルなものはもちろん、二人の思い出の場所をイメージしたイラストを描いてもらったり、プロポーズの言葉を彫る方もいるようです。

デザインの指定は専門スタッフが行い、PC上で全体のデザインを作成します。全てスタッフにお任せすることができますが、デザインのアイデアがあればそれに応じて製作してもらえるので、自分でイラストを書いたり、文章で大事なポイントをまとめるとより理想に近いデザインに仕上がります。レーザー刻印には専用の機材が必要なので、宝飾メーカーによっては取り扱っていないこともあります。刻印をお願いしたいのであれば、前もって購入を希望しているメーカーに問い合わせておきましょう。