注意点は?

指輪文章やイラストなどを自由に彫れるレーザー刻印は、結婚指輪を製作する際によく利用されます。簡単な文章はもちろん、様々なイラストを描けるので、アイデア次第で世界でただ一組のオリジナル指輪を作れるのが魅力です。加工費用も簡単なものなら無料で行なっている宝飾メーカーもあるのですが、刻印を依頼する際に気をつけるべきポイントはあるのでしょうか。

まず注意するべきなのが、レーザー加工をそもそも行なっているかということです。レーザー加工を行なうには当然専用の機材や加工を行なうスタッフが必要なので、それらを用意していない宝飾メーカーではもちろん依頼できません。大手の宝飾メーカーの多くはレーザー加工を採用しているので、有名な店舗を利用すれば大抵は利用できるでしょうが、念のために確認しておくのをおすすめします。

次に気をつけたいのが、レーザー加工サービスを利用できるタイミングです。大抵は結婚指輪を購入するタイミングに限られており、後からの刻印の追加に対応していないお店もあります。もちろん一度加工してしまうと、元に戻すことはできないので、スペルミスなどのトラブルを起こさないよう、慎重に打ち合わせを重ねなければなりません。完成品が届けられるにはそれなりの時間も必要なので、結婚するまでの期間を考慮したうえで、きちんと加工プランについて打ち合わせをする時間を確保しましょう。


大切な思い出に

指輪はめる大抵の場合結婚指輪や婚約指輪は男性が用意しますが、予算の都合で結婚指輪しか用意できなかったという方も少なくありません。結婚指輪だけでも喜んでくれる女性もいますが、限られた予算で少しでも喜んでもらうために、レーザー加工を利用してみてはいかがでしょうか。レーザー加工は指輪にレーザーを当てて刻印を行なう技術で、手彫り以上に複雑なデザインに仕上げられます。

レーザー加工によるデザインは、非常に複雑なものにも対応しています。例えばフォントの場合、一般的な刻印はアルファベットや数字といったシンプルな形が一般的ですが、レーザー刻印なら文字の形をイラストにアレンジしたり、特殊なマークなどを刻印することができます。料金は多少かかりますが、婚約指輪を新たに買うよりは負担が少ないので、予算に余裕がなくても、華やかなイラストや魅力的な文章が綴られた、世界に一組だけの結婚指輪を用意できるでしょう。

レーザー刻印を行なって結婚指輪は、刻印の内容がなかなか分からないのも魅力です。自分たちだけが知っているイラストや言葉があると思うと、他の人と見た目が変わらない結婚指輪も、より特別感が増すのではないでしょうか。思い出の場所をイメージしたり、お互いの好きなモチーフをちりばめたりと、自分たちだけのオリジナルデザインの結婚指輪を作ってみましょう。しかし、注意点ももちろんありますので、次頁で説明します。

○参考サイト○レーザー加工結婚指輪|ガラ


お値段は?

結婚指輪を購入する際、何かしらの刻印を彫るという方がほとんどです。お互いのイニシャルを入れたり、結婚した日付を刻印するなど、ちょっとした文字を入れるのが一般的でしたが、現在は加工技術が向上し、レーザー刻印による複雑な彫り加工を行なえるようになりました。レーザー刻印を利用する際気になるのが料金ですが、実際どのくらいの予算が必要なのでしょうか。

財布レーザー刻印の料金は利用する宝飾メーカーによって代わります。イニシャルや日付といった短い文章や、特殊なフォントを使わない場合は無料で行なうメーカーも多いです。有料になるのは大抵複雑なフォントを使ったり、イラストを彫ってもらう場合で、大体数千円の値段で利用できます。イラストを彫る場合、既にテンプレートが用意されているならもう少し値段を抑えられるかもしれませんが、一からデザインを考えて、全ての面に彫り加工を行なうようなフルオーダーを行なう場合、料金は更に高くなるでしょう。

料金をなるべく安くしたいなら、事前の打ち合わせに極力時間をかけましょう。フォントやイラストを既存のものに限定するなど、工夫次第で値段を抑えることは不可能ではありません。もちろん指輪のデザイン自体も大事なので、気にいったデザインの指輪を売っている宝飾メーカーを見つけたら、レーザー加工を行なえるかどうか注意し確認しておいてください。


結婚指輪のデザイン

結婚指輪は基本的にはシンプルなデザインとなっています。日常的に身につける指輪なので、作業の邪魔にならないことも重要ですが、代わり映えのしないデザインになってしまい、個性に欠けると考える方も多いようです。そのため結婚指輪を販売している大手宝飾メーカーでは、オリジナルの刻印を行なうサービスを実施しています。パートナーの名前を刻むだけでなく、絵柄なども彫って世界に一組だけの結婚指輪を製作できます。昔は職人が手で彫っていた作業も、現在ではレーザー刻印が主流となっているようです。

パソコンレーザー刻印は、指輪にレーザーを照射することで、より細かい彫り加工を行なう特殊な技術です。これにより小さい指輪の中に複雑な模様を刻印できるようになり、よりオリジナリティの高い結婚指輪を製作できます。デザインパターンも自由に選択することができ、名前だけのシンプルなものはもちろん、二人の思い出の場所をイメージしたイラストを描いてもらったり、プロポーズの言葉を彫る方もいるようです。

デザインの指定は専門スタッフが行い、PC上で全体のデザインを作成します。全てスタッフにお任せすることができますが、デザインのアイデアがあればそれに応じて製作してもらえるので、自分でイラストを書いたり、文章で大事なポイントをまとめるとより理想に近いデザインに仕上がります。レーザー刻印には専用の機材が必要なので、宝飾メーカーによっては取り扱っていないこともあります。刻印をお願いしたいのであれば、前もって購入を希望しているメーカーに問い合わせておきましょう。